FUJIKIbuildingHAKUEISHYA
  
会社概要
 
■設備
印刷機(4色機を含む)5台
仕上げ諸機械14台
内訳:スタール折機(菊全)3台
ハリス仕上げ機、他11台
コンピュータ製版機等9台
コンピュータ電算写植機等(ダリム含む)13台
校正用出力機(コンセンサス・カラーアート)2台
カラーコピー機2台
                
■主な取引先
●長崎県庁、長崎市役所、その他町村役場、長崎県警察本部、県営バスなど外・諸団体 
●長崎県・市教育委員会、長崎県警、長崎大学、長崎商工会議所、長崎県観光連盟、長崎国際コンベンション協会、長崎県物産振興協会、活水短期大学、長崎県立美術博物館、長崎新聞社、医療機関、長崎大学医学部、他
●各広告代理店 
●浜屋百貨店、長崎グランドホテル、ホテルニュー長崎、リョーイン、九州電力、NTT、その他地元一流企業 
                   
■主な製品
●県全般、広報ながさき、長崎書道会「書道のあゆみ」、長崎県医師会報、長崎商工会議所ニュース、長崎くんちポスター・チラシ、野口彌太郎記念美術館ポスター・パンフレット、長崎県・市パンフレット全般、観光パンフレット・リーフレット・カレンダー、百貨店・ホテルなどのDMパンフレット、その他各種年史など。 
 
   
会社の沿革
 
■歴史

明治45年2月11日  藤木喜平、長崎市鍛冶屋町にて活版印刷業を創業 

大正6年4月1日 
 平版印刷 博英社を長崎市銅座町に於いて創業 

昭和5年6月10日 
 法人設立 合資会社 藤木博英社 無限責任社員 藤木喜平就任 

昭和8年11月10日 
 法人設立 合資会社 博英社 無限責任社員 藤木喜平就任 

昭和49年1月15日 
 合資会社 藤木博英社 長崎市万屋町5番13号に5階建新社屋を建築 

昭和51年10月1日 
 平版及び活版を統合し 株式会社 藤木博英社 を設立 
 代表取締役 藤木喜平就任 

平成4年11月27日 
 株式会社 藤木博英社 代表取締役 藤木千草就任 

平成20年8月1日 
 株式会社 藤木博英社 代表取締役 藤木俊介就任 
 

  

トップのコメント
 明治45年の創業以来、97年の歴史をもつ当社は、文化・学問、更には近代印刷の発祥の地、「長崎」にあって、印刷文化を通じて地域の歴史と文化の向上、ひいては地域社会の発展にお役に立つことを念願といたしてまいりました。
 「お客様の声に生きよ」とした創業精神を経営のバックボーンとし、激変する時代に対応出来うる体制を整え、発達し続ける技術の積極的な採用と蓄積された技術力をもって対応することにより、「スピード・コスト・サービス」で真の競争力をもつ企業として更に、多様化するあらゆるご要望に対し、印刷メディアを通して個性あふれる提案を積極的に行い、地域社会に必要とされる存在として生きつづけてゆくことを念頭といたしております。
sight map